海外へ寄付をするなら仮想通貨が最強な件について

f:id:jacksixon:20170902194335j:plain

 

 

どうも、フルグラはソウルフードだと信じて疑わない@ぎゅうにくです。

 

海外への寄付は仮想通貨一択。

 

その理由をご紹介します。

 

記事の最後に寄付先も紹介するので、興味ある方は是非。

 

 

 

 

スポンサードリンク


 

 

海外寄付としての仮想通貨がもつ強み

まず、仮想通貨の強みをあげてみます。

 

  • URLさえわかればすぐに送金できる
  • 送金手数料はほとんどかからない
  • 少額からでも送れるし、大金も送ることができる。

 

え、なんていうかその、便利すぎません?

 

もうこの時点で仮想通貨を使う以外の選択肢が見当たりません。

 

ですが、さらに魅力をお伝えしたいので1個1個詳しく見ていきましょう。

 

URLさえわかればすぐに送金できる

仮想通貨はURLさえわかれば、金額を決めてポチっと押したなら数分~1時間で送金が完了します。これは「寄付」ではとても大事なのですよ。

 

なぜなら、寄付で一番大事なのはスピードだから。

 

手元に1億円あったとしても、被災地や飢餓に苦しむ人への物資の支給が3年後では意味がありません。1分1秒でもはやくお金が欲しいはずです。

 

実際に、ハリケーンを受けたテキサスの仮想通貨を使った寄付の事例ではわずか2日で500万円相当のお金が集まりました。

 

btcnews.jp

 

そもそも、お金をおくることは手段の一つで①お金を送金②食料を買う③困っている人に配る。という寄付サイクルの最初の段階です。

 

銀行経由で海外に送金するとなると、ネット銀行でも3~5日はかかってしまいます。普通の銀行だと最長で2週間。長い!

 

テキサスの事例では二日で500万。最短3日だとしてもお金すら届いていないことになりますね。

 

お金を使ってからが本番なので、お金を届けるのでもたもたしたくないですな。

 

 

スポンサードリンク

 

 

送金手数料はほとんどかからない

 

海外送金としてみるとかなり安い。

 

Coincheckだと10万円の送金でも0.0002BTC(約100円)です。

 

「いや、まあまあするんじゃね?」そう思うかもしれませんが、海外送金の手数料は2.5%~5%なんで10万だったら最大で5000円はぶんどられます。

 

その手数料で何人のアフリカの子どもの命が救えるんだよって話になりますよね。

 

しかも取引額が大きくなろうと手数料に変化はないので、1億円送ろうが100円です。

 

これが銀行だったら……考えるのも恐ろしい。

 

小額からも送れるし、大金もおくることができる

 

仮想通貨は少額の送金に適していて、bitFlyerの最低取引単位は0.00000001BTC(約0.005円)です。やすい!

 

またいくらでも大きなお金を送金することができます。

 

もしあなたが大富豪で「胸が痛むなこの震災。20億円くらい送金したいのう」と思ったとします。

 

しかし、銀行は1日の出金限度が決まってることがほとんどです。三菱東京UFJ銀行では法人カードを使用しても1日500万。20億寄付したいなら400日必要です。

 

これはもう、送金という名の修行ですね。

 

仮想通貨なら送金での自由度がとても高いので、金額の大小にかかわらず気軽に寄付できます。

 

仮想通貨はインターネットのように、管理する機関が存在しません。だから、こうした自由が認められているんですよ。

 

寄付できるサイト一覧

さらりとご紹介。

 

赤十字×bitFlyer

bitcoindonations.bitflyer.jp

bitFlerを通して寄付金を集めて、日本赤十字社に全額寄付する仕組みです。なんか特に支援したいプロジェクトもないけど寄付したい。という方におすすめ。

 

Kizuna

 

Kizunaは支援先に直接寄付ができるプラットフォームで、直接気になるプロジェクトに送金することができます。

 

プロジェクトが少ないのが難点ですが、そのぶん紹介ページもあって熱意が伝わってきます。個別のプロジェクトに寄付したい。という方におすすめ。

 

 

coincheck

coincheck.com

 

 coincheckではビットコインでの寄付ができます。

 

プロジェクトの数も多く、寄付を主催することも可能です。紹介した中では1番プロジェクトの数が多い。寄付したくなるプロジェクトに出会えていない人におすすめ。

 

 

以上が仮想通貨での寄付話でした。

 

情けは人のためならず。寄付で出したお金や想いは経済や人の間をまわりまわって返ってくるのです。

 

せっかくなんでこれを機に寄付してみては?

 

わたしですか?もちろん寄付しましたよ。

 

0.00000001BTC分な!

 

嘘です!

 

 

今日はここまで!

 

スポンサードリンク