ビットバンクでの24時間入金がスタート!対応銀行は500行以上

2018年10月9日(火)に全銀ネット(一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク)が24時間365日、異なる銀行間での即時振込に対応しました。

これを受け、bitbankでは24時間365日入金がスタートしました。

すべての銀行が全銀ネットのシステムでは対応するわけではありませんが、対応する金融機関は504行を越えます。

全銀ネット システム対応行一覧 pdf

参加主要銀行

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行

「え、この主要銀行の中に私が使ってる銀行がない!」という方も、ご安心ください。

都市銀行、地方銀行、ネット銀行、信用金庫、信託銀行と手広く対応しています。対応している金融機関は「

ビットバンクが日本NO.1セキュリティの評価を受ける

同タイミングで、bitbankが日本NO.1セキュリティの評価を「ICORating」の取引所セキュリティレポートで受けました。

国内取引所での盗難が目立つ中、セキュリティの高さを使用する基準として使う人も多いのではないでしょうか。

今までは「まだ盗難を受けていないだけ」というような批判もありましたが、こうして外の機関から「セキュリティがしっかりしている」という評価を受けることでイメージのさらなる向上につながると考えます。

ビットバンクでは出金作業を手作業で行っていて、セキュリティには安心感がある反面、他の取引所に比べると送金が手作業なのでどうしてもタイムラグが発生しがちです。

ですが、そのタイムラグこそが高いセキュリティの証明でもあるのです。出金は早いけど預けたお金がごっそり消えるのと、すこし送金に時間がかかるけどセキュリティがしっかりしている。

どちらを選ぶかは、言うまでもないですよね。

円での即時入金ができ、アルトコインを指値で購入できるのはビットバンクだけ。

「指値でのお得な注文形態」「高いセキュリティ」「即時入金」。

どんどん差別化されていくビットバンクが国内取引所の顔になる日も近いかもしれませんね。

即時入金可能な国内取引所

当ブログで読まれる人気記事