IOS版ビットバンクアプリにウィジェット機能が追加!使い方をご紹介

bitbankアプリ

どうも、@ぎゅうにくです。

先日、ビットバンクのIOSアプリでウィジェット機能が追加されました。

とても便利かつ見やすいものなので、本日はウィジェット機能の使い方について書いていきますね。

ウジェット設定の仕方

ウィジェットを追加するには、まずスマホでホーム画面へいき左にスワイプします。

するとこのような画面が出てくるので、赤く囲っている「編集」をタップ。

赤い下線部が引かれたウィジェットを追加すると……

追加されました!お疲れ様です!

ビットバンクアプリとは

そもそも、bitbankのアプリってどういう特徴があるの?

という方のためにビットバンクの特徴と画面を紹介していきます。

bitbankのここがすごい!

  • オフラインのコールドウォレット採用
  • マルチシグでハッキング対策万全
  • 仮想通貨交換業者登録済み
  • 100種類以上のテクニカル分析で相場分析可能
  • モナコインを指値で買える

コインチェックの事件があった今、セキュリティ対策は何より重要な所ですよね。bitbankは大きな不祥事を起こしたこともなく、国内で信頼されている取引所です。

出金もBitMexと同じく手作業なのでセキュリティも万全。そのかわり出金スピードが落ちるので急ぎの時は他の取引所で出金した方が良いかもしれません(数日くらいの差だと思いますが)。

チャートもtradingviewで見やすいですし、スリムなデザインで使いやすいのもグッドです。


主要な国内取引所が自滅していく中、二段階認証追加、ウィジェット追加とbitbankは日に日に進化し注目を集めています。

個人的には、積立投資さえできるようになればぶっちぎりの取引所になると思ってます。

日本版BitMexといえるようなビットバンクトレードというBTCでのみFXできる取引所もでき期待が高まるイチオシの国内取引所です。

他のウィジェットとの違い

個人的にビットバンクと他の「coincheck」や「bitFlyer」との違いは、値が表示されている値段で売れるかどうかだと考えています。

実は他の二つの取引所だと、どうしても表示されている値段で売ることが出来ません。

なぜなら、主要アルトを買う場合は販売所を使わないといけない(指値が出来ない)からです。

スプレッドがあるからどうしても表示価格で売れず、計算がめんどくさいんですよね。スプレッドを気にして海外に送り売ってからまた送金し直してというのも手間がかかります。

そういっためんどくさい行程を避けることができるのはありがたいですよね。

おわりに

以上が、ビットバンクアプリについての紹介記事でした。

どんどん新機能を追加しビットバンクトレードのような新しい仮想通貨FX取引所を作るビットバンクは留まるところをしりません。

国内取引所もいつどこが消えるかわからないフェーズに入ってきてるので、生存率を上げるためにも一つでも多くの取引所を開設することをおすすめします。

当サイトでよく読まれる人気記事