BitMex(ビットメックス)スマホ版の使い方を徹底解説!トレード画面の見方からやり方まで

どうも、@ぎゅうにくです。

BitMexは100倍までレバレッジをかけること可能な、現物で取引ができる便利な取引所です。

本日は、スマホ版BitMexのトレードする画面の見方からやり方までについて紹介して行きますね。

 

 

トレードする画面の見方


 

まず、売買画面の見方から。番号を振りましたので、順を追って説明していきますね。

  1. 取引ボタン
  2. 指値ボタン
  3. 成行ボタン
  4. 数量
  5. 指値
  6. ロング(買い)ボタン
  7. ショート(売り)ボタン

 

1取引ボタン

このボタンを押すことで取引画面に移れます

2指値ボタン

このボタンを押すことで指値注文の画面に移れます

3成行ボタン

このボタンを押すことで成行注文の画面に移れます

4数量

注文する数量を選ぶ場所です。こちらの1枚はビットコイン1枚という意味ではありません。

たとえばこの画像では数量が「10000」ですが注文する価額は「0.7354枚」になります。

ビットコインの枚数ではないので、ご注意ください。

最初のうちは注文する前に注文価額を確認し、微調整していきましょう。

5指値

指値注文の画面に移ります。

6・7 ロング、ショートボタン

指値or成行注文の画面で数量や買う値段を決めたら、こちらをタップ。

クロスマージンと分離マージン

 

クロスマージンは全力ベットのことを指します。

証拠金が何%を下回ったらロスカット。というように損失を限定することはなく0%になるまで耐えることができます。

分離マージンは損失を限定する注文であり、精算価格(ロスカットされる価格)を絞ることができます。

トレードの仕方

 

まず、レバレッジを決めます。1〜100で分離マージン(損失限定)かクロスマージン(レバレッジ自由)にできます。

タップすると表示された倍率に変更することができます。

注文のキャンセル

指値で注文を出すと、チャートに注文が出ます。

指値は指さるまで約定しないので、キャンセルしたくなったら指値の横にある×ボタンを押すとキャンセルできます。

未実現損益

今のポジションでどれだけ損失や利益が出ているか見ることができます。

ですが、かなりタイムラグが発生するので目安に考えた方が良いでしょう。

ここで実際はプラスなのにラグのせいでマイナスになってることも多々あります。

マーク価格が今の価格なので、参入価格と比べてどのくらい下げてるかを掴みましょう。

おわりに

以上が、BitMexでの売買画面の見方とやり方でした。

数量やクロスマージンなどが最初は分かりにくいので、まずはお金が減らないデモ口座で触っ手慣れるのをおすすめします。

 

レバレッジ取引は危険だと思う方もいますが、BitMexでは追証がなく負債をかかえることがありません。

 

どんなに負けてもマイナスにならないので安心して使うことが出来るおすすめの取引所です。

 

当サイトでよく読まれる人気記事