BitMex(ビットメックス)スマホ版の使い方を徹底解説!トレード画面の見方からやり方まで

どうも、@ぎゅうにくです。

出先でよくトレードをするわたしですが、ビットメックスは一つのページにチャート、注文画面、板の売買状況が収まっていてスマホでトレードするのなら絶対に知っておきたい取引所の一つです。

ビットメックスはレバレッジがビットコインだけでなくアルトコインにかけることが可能(最大100倍)であり、追証がなく、多くの使用者がいるゆえに相場を見る指標にもなる取引所です。

そんな有名取引所のスマホでの使用方法について、トレードする画面の見方からやり方までについて紹介して行きますね。

 

 

トレードする画面の見方


 

まず、売買画面の見方から。番号を振りましたので、順を追って説明していきますね。

  1. 取引ボタン
  2. 指値ボタン
  3. 成行ボタン
  4. 数量
  5. 指値
  6. ロング(買い)ボタン
  7. ショート(売り)ボタン

 

1取引ボタン

このボタンを押すことで取引画面「現在表示されているトレードの画面」に移ることができます。トレードはビットコインを送金しないとできないので、ビットメックスへの入出金の記事を参考にbitbankなど日本の取引所から送金しておくとスムーズですね。

2指値ボタン

このボタンを押すことで指値注文の画面に移れます。こちらは買い指値、売り指値のみで損失を限定するストップ注文は二つ隣にある「ストップ指値」から使用することができます。

3成行ボタン

このボタンを押すことで成行注文(値段に関係なく、その場で買いor売りができる)の画面に移れます。しかし、ビットメックスでは成り行き注文だと手数料を余分に取られるので注意が必要です。

4数量

注文する数量を選ぶ場所です。こちらの1枚はビットコイン1枚という意味ではなす1USD=1枚1ドルという計算です。日本円に換算する場合ざっくり110をかけてみればわかりやすいですね。10,000枚なら110万円=1ビットコイン70万円のレートなら1.6枚程度。

たとえばこの画像では数量が「10000」ですが注文する価額は「0.7354枚」になります。

最初のうちは注文する前に注文価額を確認し、微調整していきましょう。

5指値

指値注文の画面に移ります。

6・7 ロング、ショートボタン

指値or成行注文の画面で数量や買う値段を決めたら、こちらをタップ。

クロスマージンと分離マージン

 

クロスマージンは全力ベットのことを指します。

証拠金が何%を下回ったらロスカット。というように損失を限定することはなく0%になるまで耐えることができます。口座全部空になるまで耐えることができるのですが、それゆえに一度のロスカットで全資産をゼロにしかねません。場所を選んで使っていきましょう。

わたしはクロスマージンでポジションをとって寝た時があり、朝起きたら口座の残高がゼロになってました。やっちゃいけないトレードですね。

分離マージンは損失を限定する注文であり、精算価格(ロスカットされる価格)を絞ることができます。

ストップを置き忘れた時でも一定の倍率でカットしてくれるので、リスクを抑えてトレードする場合は重宝する機能です。

こちらで使いたい倍率を設定しておけば、おおきく負けることはないのでうまく使っていきましょう。表示される「清算価格」がロスカットされる価格なので、そちらをみながら倍率を調整していくのが吉ですね。

トレードの仕方

 

まず、レバレッジを決めます。1〜100で分離マージン(損失限定)かクロスマージン(レバレッジ自由)にできます。

タップすると表示された倍率に変更することができます。

注文のキャンセル

指値で注文を出すと、チャートに注文が出ます。

指値は指さるまで約定しないので、キャンセルしたくなったら指値の横にある×ボタンを押すとキャンセルできます。

未実現損益

今のポジションでどれだけ損失や利益が出ているか見ることができます。

ですが、かなりタイムラグが発生するので目安に考えた方が良いでしょう。

ここで実際はプラスなのにラグのせいでマイナスになってることも多々あります。

マーク価格が今の価格なので、参入価格と比べてどのくらい下げてるかを掴みましょう。

ストップ注文(逆指値)の入れ方

ビットメックスでは、損失を抑えるストップ注文を入れることができます。

例えば画面では217ドルでイーサリアムを買っていますが、216ドルにストップ注文を入れると価格が216ドルまで落ちた瞬間に売り注文が入ります。


この後、イーサリアムは200ドルを割ったのでストップ注文をいれたことで17ドル分の損失を1ドルで抑えることができました。

ストップを入れると指値注文のようにチャート画面に表示され、いつでも×ボタンを押して取り消し可能です。

ストップの位置を調整したい時にワンタップで調整できるのはとても便利ですね。

おわりに

以上が、ビットメックスの売買画面の見方とやり方でした。

数量やクロスマージンなどが最初は分かりにくいので、まずはお金が減らないデモ口座で触ってビットメックスの操作に慣れることをおすすめします。

 

様々な取引所でスマホ仮想通貨FXをしましたが、ストップの置きやすさ、操作性、板の厚さ、参加者の多さ、見易さなどからスマホでの仮想通貨FXはビットメックスがいちばんやりやすいと感じています。

すでにスマホでやっている方はもちろん、パソコンのみのトレードで出先でもやってみたいと感じていた方はぜひ試してみてください。

 

仮想通貨FXでおすすめの取引所