仮想通貨の暴落で稼ぐ!そのためにやるべきこと

 

どうも、@ぎゅうにくです。

 

先日は、久々に暴落が来ましたね。12月のcoincheckのCMをみて参入された方からすると初の暴落で面食らってしまったかもしれません。

 

資産を減らしに減らしてしまった方や、逆に大きく稼いだ方もいます。

ズバリ両者の差は、日ごろの準備にあります。

 

なので本日は、仮想通貨の暴落・下げ局面で稼ぐためにやるべきことについて書いていきますね。

 

スポンサードリンク




 

国内取引所に現金を置いておく

ポートフォリオを全て仮想通貨にするのではなく、常に余裕を持ち取引所内に現金を入れておきましょう。

暴落!だけ聞くと恐ろしいように見えますが、ポジションを取ってない人からしたらただのバーゲンセールです。

 

事実、年始に暴騰をみせ400円をつけたリップルが先日coincheckでは80円bitbankでは50円まで下落しました。そして、翌日には180円まで戻っています。

 

余剰資金さえあれば、1日で資産を3倍にできたのです。しかし、もしこれが全て仮想通貨だったらどうでしょうか。

 

短期トレードをしている方ではない限り、下がってる中で果敢に損切りして底で拾うのは難しいでしょう。

 

常に現金をZaifbitbankなどの国内取引所に置いておくことで、このようなチャンスをものにすることができます。

 

スポンサードリンク




 

長期保有以外の通貨はいつでも売れるようにしておく

 

暴落で1番恐ろしいのは、損切りができないくらいまで損失が広がって塩漬けになってしまうことです。

そうならないために、仮想通貨はいつでも売れる状態にしておくのがベストです。暴落の影響がなく買い増しができる円に交換できる取引所に置いておくのがベスト。

BinanceKucoinなどの海外取引所ですと、交換先が円ではなくビットコインなので一緒に下がってしまいます。

短期で回転させている銘柄が海外にしか扱ってない場合は、防御力の高いBTCやBCH、ETHに退避するのがおすすめです。

防御力を高め、仮想通貨の枚数減少を抑えることでいつでも攻めに転じることができるようにしましょう。

 

FXで空売りする

FXでショート(空売り)をかけることで、下げ相場でも稼ぐことが出来ます。

 

関連記事

いまさらきけない仮想通貨「空売りの仕組みとやり方」

 

coincheckではビットコインにショートをかけることができ、BitMexなどではリップルなどのアルトコインにもショートすることが出来ます。

ビットコインはもちろんアルトコインは暴落時、ものによっては投げ売りされる傾向にあるのでショートをすることで大きく稼ぐことが出来ます。

もし大きなレバレッジをかけるのが怖いという場合は、低倍率(1~3)でショートをかけて値下がりに対するヘッジとして利用するのも良いでしょう。

ショートを使えるようになると下げ局面でも稼ぐことが出来るので、今回の暴落を機に触ってみてはいかがでしょうか。

 

仮想通貨FXを始める方におすすめの記事一覧

 

おわりに

以上が、暴落で稼ぐ方法でした。

一度400円をつけたリップルが80円になるなど、暴落では持っていた通貨の価値が5分の1になることもありえる世界です。

ガチホだけではなく、暴落に備えた立ち回りをしていくことでよりうまく資産を増やすことが出来ます。

使える戦法を増やし、生き残りましょう。

 

今日はここまで!

 

仮想通貨おすすめ取引所はコチラ!

bitbank

bitbankはMONAやXRPを指値で安く買うことが出来る取引所です。

本人確認をしないと円、仮想通貨の入出金ができませんが、セキュリティ面がとても強いと言えます。

25倍のレバレッジ取引もできるので、FXをやってみたい方にもおすすめです!

f:id:jacksixon:20171206152739j:plain

 

bitbankの公式サイトに行ってみる

Zaif

積立投資ならZaif取引手数料無料!人気のMONAコインも指値で安く購入できます。積立についての紹介記事はコチラ。信用売りもできます。

 

Zaifの公式サイトへ行ってみる

BitMex

100倍のレバレッジをかけるならBitMex!日本語対応済みで、追証なしの海外取引所。当ブログからの登録で半年間手数料10%割引!紹介記事はコチラ

f:id:jacksixon:20171208063243j:plain

BitMexの公式サイトへ行ってみる