買いと売りの勢いが一発でわかる!「いなごフライヤー」をiPadproやスマホで使ってみた

どうも、@ぎゅうにくです。

仮想通貨FXをやる人の必需品、いなごフライヤーをご存知でしょうか?

これは10数か所の取引所の現在の値段と買い・売りの勢いがわかるツールです。大きく動いた時はアラームが鳴り目を離していても相場の異常を察知できるスグレモノ。

本日は、このいなごフライヤーを色んなデバイスで使ってみた話をしていきますね。

仮想通貨FXのできる取引所

iPadproを使った場合

iPadproは、バツグンに使いやすかったです。

スクロールも必要なく一発でどこの取引所がどの値段で、どれだけ動いているかわかります。

とにかくFXではほんの一瞬のタブ変えやスクロール中に戦局が大きく変化するのでそれを必要としないiPadは役立ちました。

売りと買いの差はもちろん、全取引所が一目でわかるのは素晴らしいです。

正直な話、仮想通貨FXをやっている友人がいなごフライヤーをiPadproで使っているのをみて購入を決めたほどでした。それにiPadproは仮想通貨の二段階認証スペアにもなりますので、一つしかデバイスを持ってない方にはおすすめですよ。

スマホを使った場合

スマホはこんな感じで、縦に読む形になっています。

ちょっと下にスクロールするのが大変ですが、いつでも気軽にチェックできるのは嬉しいですね。

ですが、ボラが半端ないと公害レベルで騒音が鳴り響くので気を付けて使っていくのをおすすめします!

電車内で「ガッシャーん!テーレレーレレーレー↓!ドカーン!↓デレーレーレー!↑」とか鳴り響いた時は恥ずかしかったです。

出先でも見れてお手軽ですが、どうしてもスクロールしないと状況がよくわからないのが難点ですね。

ipadpro+αがベスト

pad+パソコンorスマホなどの他デバイス。iこれが個人的には最強のスタイルだと感じました。

ipadproをたてかけ戦況を見ながら、他のデバイスで取引をするのが一番ストレスがなくベストかなーと。

もちろん、モニターがあればそれに越したことはないのですが高いですからね。

トレード以外の用途も幅広いので是非これを機に、お近くの電気屋さんでお求めください。

また、いなごフライヤーのくわしい使い方についてはコインオタクさんの記事が丁寧なのでチェック!ですね。

おわりに

以上が、いなごフライヤーを色んなデバイスで使ってみた感想でした。

こういった非公式ツールはとても使い勝手がいい反面、知らないと大きく周りと差をつけられてしまいます。

そして、せっかくいい道具があってもデバイスの問題で上手く表示されなかったらもったいないですよね。

iPadproを買うのも勝利への投資と思い、トレードで手に入れたお金でサクっと購入してみてはいかがでしょうか。

当サイトでよく読まれる人気記事