コインチェックでネム不正送金!これを機に仮想通貨の安全な管理方法について考えてみた

 

どうも、@ぎゅうにくです。

コインチェックで580億円相当のネムが奪われ、それをホワイトハッカーが追跡し、結局自己資金でポンと補填するという理解不能な騒動の中、いかがお過ごしでしょうか。

 

補填の知らせで安堵する人、なぜか低いレートで返されるから激怒する人、様々なひとがいらっしゃいます。

しかし、これは自分の危機管理能力を向上する良い機会ではないでしょうか。

わたしも資産の4分の1を入れていたので、これを機に仮想通貨を安全に管理する方法について考えてみたので話していきますね。

スポンサードリンク




 

1つの場所に資産を集中させない

取引所であれ、公式ウォレットであれ一つの場所に通貨を集中させないようにしましょう

取引所でしたら今回のコインチェックのように突然操作不能になるかもしれませんし、少し前に起きたZaifのように出金に制限がかけられるかもしれません。

今回は補填できるから良いものの、最悪の場合マウントゴックスのように取引所そのものが消える可能性もあります。

セキュリティが甘いから起こったんだ!という声もあるでしょうし、bitbankのようにセキュリティにとても力を入れている取引所なら大丈夫と思う方もいるかもしれません。

関連記事
bitbankのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について

ですが、念には念を入れてどんなに安心している場所でもすべての通貨を置かないようにしましょう。

事実、わたしはリップルの保有率が高いのですが出金用・保有用・交換用として三つの場所に置いてありました。

そのうちの一つがコインチェックだったわけですが、分散したおかげで他の二つでは生きています。

もしこれが全てコインチェックに置いてあったらと思うと、ぞっとしますね。

そうならないためにも、資産の分散をこころがけましょう。

 

色々な手段で保有する

仮想通貨を色々な手段で保有しましょう。

国内取引所、海外取引所、公式ウォレット、チップアカウント、ハードウェアウォレット。

思いつくだけでも多くの手法があります。

どの方法が正解というわけではなく、どれも一長一短だとわたしは考えています。

取引所じゃなくてウォレットなら安全!という方もいらっしゃるかもしれませんが、ハードウェアウォレットなら盗難にあえばおしまいです。

公式ウォレットもアドレスやパス、秘密鍵を紛失したら引き出せません。

もちろん取引所に置きっぱなしより格段に良いのですが、万が一を考えるとウォレットに過信しすぎるのも良くないのではと考えています。

保有量が多いなら同じ通貨をあえて5分割し、様々な保管場所に散らすのも手ですね。

そうすることでなにか取り返しのつかないことが1つの保管場所で起きても、復活することが出来ます。

スポンサードリンク




こまめに出金し仮想通貨保有率を減らす

こまめな出金で仮想通貨の保有する率を減らすというのも一つの方法です。

フィアットの割合を増やすことで、突然のトラブルに備えるというわけですね。

仮想通貨をいつでも低い所で買い増せる状態(円)にするのが安全な管理方法!という逆転の発想です。

円にしておき防御力を高めることで、暴落や今回のようなトラブルに備えましょう。

例えば今回、ネムの流出はコインチェックのセキュリティが原因ですが、一時的に価格を大きく下げました。

注:Zaifのチャートです

 

しかしネムに落ち度がなかったことや、トラブルでのネム財団らの対応で何事もなかったかのように全戻ししました。

もしこの際、Zaifなどネムを取り扱う取引所で円を保有していたら、下で拾い大きく稼ぐことが出来たでしょう。

防御が最大の攻撃になることもあるので、仮想通貨を安全に増やすために円の保有率を高めるというのも一つの手ですね。

 

おわりに

以上が、コインチェック騒動から考えた仮想通貨の安全な管理方法でした。

今回の件で「コインチェックは補填して偉い」「コインチェックは低いレートで補填してるのは舐めてる。資産を預かる者として全部補填するのは当たり前」と様々な意見が飛び交っています。

 

が、わたしはあくまで「投資での出来事はすべて自己責任だよね」派です。

 

コールドウォレットに入れているように記載してあったから安心して入れた、という方には気の毒ですが仮想通貨はそもそも存在自体が危ういものです。

仮想通貨は法整備も十分ではない、未開発の分野です。

だからこそ奇跡的なボラティリティと人生を逆転させるチャンスを秘めているのではないでしょうか。

 

リスクとリターンは比例します。

 

今回手痛いダメージを受けた方は、次はそうならないようリスクの分散につとめましょう。

他責の心があると、いざという時も人のせいにしてしまいます。それで困るのは他の誰でもないあなたです。

もちろん悪いのはハッカーであり、ホットウォレットにいれたままにしていたコインチェックです。

ですが、分散していればダメージを散らすことはできました。不測の事態にも対応できる、強い方になってくださることを願います。

ちなみにわたしはその日、資産はロックしたけどブログの飯の種にしてやる!との思いで本社に突撃しましたが……

 

 

だれもいませんでした。早すぎました。

 

ここで待たずに帰って良い場面を取れなかったのもわたしの判断ミスです。これもまた、自己責任です……!

 

強く、生きましょう。相場は生きていればチャンスがやってきますからね!

 

今日はここまで!

 

暴落など、不測の事態についての関連記事

 

当サイトでよく読まれる人気記事5選

 

仮想通貨おすすめ取引所はコチラ!

bitbank

bitbankはMONAやXRPを指値で安く買うことが出来る取引所です。

本人確認をしないと円、仮想通貨の入出金ができませんが、セキュリティ面がとても強いと言えます。

25倍のレバレッジ取引もできるので、FXをやってみたい方にもおすすめです!

f:id:jacksixon:20171206152739j:plain

 

bitbankの公式サイトに行ってみる

Zaif

積立投資ならZaif取引手数料無料!人気のMONAコインも指値で安く購入できます。積立についての紹介記事はコチラ。信用売りもできます。

 

Zaifの公式サイトへ行ってみる

BitMex

100倍のレバレッジをかけるならBitMex!日本語対応済みで、追証なしの海外取引所。当ブログからの登録で半年間手数料10%割引!紹介記事はコチラ

f:id:jacksixon:20171208063243j:plain

BitMexの公式サイトへ行ってみる