仮想通貨から投資を始めた人が株や為替に移行しない理由について考えてみた

2017年、仮想通貨元年と呼ばれる年から仮想通貨に参入し、同タイミングで投資をスタートした方も多いと予想します。

暴騰や爆謄がなりをひそめボラティリティが低下している今、仮想通貨トレードをお休みし他の市場を触っている人も散見されますが観測される範囲ではいまだに仮想通貨一本でトレードしている方が見られます。

なぜ職業上の縛りがないのに仮想通貨のみを触るのか?どうして仮想通貨以外の市場に移りにくいのか?

その理由について考えてみたので記していきます。

いま登録できる仮想通貨取引所

仮想通貨の動きに慣れてしまった

仮想通貨独特の値動きやボラティリティに慣れてしまった、侵されてしまったというのが一つに挙げられます。

株式のように値幅制限がない仮想通貨ではストップ高のような概念は存在しません。

タイミングが良ければ一夜にして50%を抜き、ビットメックスなどでレバレッジをかけていれば数百%をかっさらうことができるのです。

そんな短時間での大幅なリターンが忘れられず、他の市場に移ることができないのではないでしょうか。

この市場にお金を置きさえすればチャンスがやってくる。でも他のとこにお金を置いていた時、いざってタイミングで送金できなかったら?千載一遇のチャンスをのがしてしまったら?

というような心理状態になっているのかもしれません。

数週間前の相場のようにETH、XRP、MONAが高騰につぐ高騰をした時bitbankに円さえ置いておけばチャンスをものにできたかもしれませんしね。

相場から離れない人の中には、仮想通貨特有の動きに慣れた人もいると思われます。

イベントの種類によって動きをメモし、各取引所の出来高やトレード補助ツールを使用することで仮想通貨が持つ動きの癖を掴んだ人にとっても離れがたいのかもしれません。

彼らにとって仮想通貨は良いカモなのでしょう。

仮想通貨しかマーケットを知らない

「はじめての投資」が仮想通貨の方にとって、仮想通貨のマーケットはひなの前に現れた親鳥のような存在です。

彼らにとってのマーケットは仮想通貨が全てであり、他のマーケットは対岸の出来事で無関係なんでしょう。

送金消失リスク、取引所閉鎖リスク、換金リスク、ボラティリティの大きさなどなど、大きなリスクと隣り合わせの危険なマーケットが常識であり世界の全てなのです。

別に動く必要もなければ、他をみる必要もありません。他のマーケットはなんだか難しそうだし、なじみがなくてよくわからないからです(ルール覚えるのとかも面倒ですしね)。

実際、口座を作るのにもなかなか操作が必要で一見さんお断り感が他のマーケットではあります。

しかし法律に守られている分、安全度が高いのは確かです。

海外旅行をして日本の良さを知るように、仮想通貨以外のマーケットに触れることによって金融への理解やリテラリーが深まり、今よりも仮想通貨が楽しく、好きになるかもしれませんよ。

仮想通貨のシンプルさに慣れた

仮想通貨の良いところの一つに、シンプルさがあります。

取引所で口座を開いて、お金を入れて、買って、売る。これだけです。

銘柄も主要なものからなんとなく選べますし、販売所システムがあるので板の概念を知らずとも取引可能です。

口座の開設も審査は厳重ではなく、数タップでポンポン口座が作れてしまいます。

シンプルでわかりやすいものは好まれ、人が集まります。だからこそ販売所のスプレッドがどれだけ広くてもコインチェックのようなシンプルな取引所が人気になったのでしょう。

ですが、仮想通貨と違いお金がからんだ商品は複雑なものが多いです。

手数料、税金、取引にかかわる法律、制限、ルール。複雑だし面倒ですよね。

金利の引き下げ、新興国の状況、為替の動き、ニュースのインパクト等々考えることがたくさん出てきます。

仮想通貨のファンダや値動きでも熱心に連想している方も見受けられますが、そのような方は自然に他のマーケットも見ている傾向にありますね。体感ですが。

もちろん他のマーケットについて学ぶのはマストではありませんし、仮想通貨が好きなら仮想通貨だけやるのも楽しいと思います。

ですが一つのマーケット(しかも法規制が十分でない仮想通貨)しか知らないのは、とても大きなリスクではないでしょうか。

たとえばICO。アレは個人的に存在そのものが詐欺と言える劣悪な資金調達方法だと思っています。

ICOで買ったコインが原価割れしている!詐欺だ!

みたいな声を聞きますが寝言は寝て言ってほしいです。利益が保証されている投資なんて存在しませんよね。あったら紹介してください(DM待ってます)。

世の中にはIPOといった法に守られた資金調達手段がありますし、事業したいならプランが良くて担保しっかりあるなら銀行が貸してくれます。国庫を使ってもいいでしょう。

ノーガードでお金を全部他人に譲るようなもので、原価割れなら御の字、持ち逃げされても文句は言えません。

他のマーケットについて調べるだけでそのような事態に陥るのを防げるなら、知っておいて損はありません。

点と点が線になるように、あなたの仮想通貨トレードにも株式での知識が生かされることもあるかもしれませんよ。

他の世界へ行ってみる

仮想通貨FXに役立つ人気記事