休むも相場!無暗にポジションを取ってはいけない3つの理由

どうも、@ぎゅうにくです。

ビットコインのボラティリティが復活した昨今、FXしたくてうずうずしている方も多いと思われます。

あえて本日は、ポジションを取らないメリットについて書いていきますね。

損失が出ない

ポジションを取らなければ利益は出ませんが、損失も出ません。

「なにを当たり前のことを」と思われるかもしれませんが、大事です。

例えば、わたしは最近のトレードで20万相当のビットコインを失いました。

逆に考えると、ポジションを取りさえしなければ20万相当を稼ぐことが出来たとも言えますね。

常にポジションを取り続けると、ロットも大きくなりますし「さらにお金が欲しい」という欲から熱くなりがちです。

ポジションを取らないのは悪ではありませんし、むしろ毎日何回もポジションを取るのは中毒状態なので生活を見つめ直した方がいいとさえ言えます。

20万の損失を出すポジションを取らなかったということは、20万の利益を出すポジションを取ったのと同じこと。

そう考えれば、ポジションを無理にとらなくなるのではないでしょうか。

また、BitMex(ビットメックス)ならテスト口座があるのでそちらで架空のポジションを取るのも練習にもなっておすすめです。

 

精神が穏やか

ポジションを取ってないと、とても気が楽です。

一時期、毎日いつでもポジションを取っている時期があったのですが本当に精神を消耗しました。

チャートを凝視し、数時間経ったのにも気づかず結果は5万のマイナス。

ボロボロの精神で朝を迎え、悲しみに暮れながら出社する。こんなことがよくあり、毎日ヘトヘトでした。

これではいけないと思いこの日はトレードをしない。この日はトレードの回数を減らす、と調整することで精神がラクになりました。

メンタルが崩れた時に無理にポジションを取ると損失しか生みません。

中毒状態になっている自覚があるなら、ルールを決め少しずつでもトレードの回数を減らしていくのをおすすめします。

他の事をする時間ができる

毎日ポジションを取るようになると、チャートに張り付く時間が増えるので他の事をする時間が少なくなりがちです。

他の事をしていてもチャートが気になり、大きなボラがあろうものなら機会損失だと後悔しチャートに張り付くことになる。ですがその状態がそもそも、人生への機会損失な気がします。

トレードはお金を増やすのが目的ではなく、増やしたお金で人生を楽しむためにやるものだとわたしは考えています。

それにお金を払ってポジションを取るだけがトレードではないので、テクニカルの分析をしたり脳内でイメトレするのも良いのではないでしょうか。

むしろポジションを取らず気分転換することでメンタルが安定し、良いトレードができるとわたしは考えています。

休む時は休む、トレードする時はトレードするというメリハリが大事ですね!

おわりに

以上が、無理にポジションを取らない方がいい理由についてでした。

毎日チャートのことが気になって仕方がない方は今一度、ノーポジションの日を作り自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか?

休むも相場。動かないのも戦略です!

(テキストリンク)

 

当サイトでよく読まれる人気記事