相場の流れを知る!仮想通貨FXをやるなら絶対に知っておきたい「REKT」というアカウント

どうも、@ぎゅうにくです。

仮想通貨FXをやっていると「ああ、相場の動きがわかればラクに稼げるのに!」と思うことありますよね。

有名人のシグナルに乗ろうにもレバレッジも資金も違うから値幅をどれだけとればいいかわからない。

なにか簡単な方向がわかる指標があれば……。

実は、ツイッターで相場の方向性がわかるアカウントがあるのです。

本日は相場の方向感を知ることができるツイッターアカウント「REKT」の紹介をしていきますね。

REKTというアカウント

REKTは「BitMex(ビットメックス)でのポジションのロスカット」をリアルタイムでツイートしてくれるtwitterアカウントです。

売りに耐え切れなくなったら買いのロスカットツイートが流れ、買いに耐え切れない場合は売りのロスカットツイートが流れます。

ツイートではロスカットされた量とポジションがレベルによって表現を変えてやってきます。

たとえばこの画像だと、buyなのでショートがアホみたいにロスカットされたことになりますね。@の前にあるのがロスカットされた量で、@の後ろにあるのがどこの地点でロスカットされたかわかります。

抜けたら上に飛びそうなラインで一度ショートのロスカットがおこると、それに誘発されて上に置いてあったショートがロスカットされ、値段は上に大きく動くことになるんです。

結果、REKTでおおきなロスカット通知があった場合それを見てから成り行きで突っ込んでも1万幅をとれることとかザラにあります。

実際に、どのような動きをするのか見てみましょう。

どんな動きをするか

さて、このような通知がでてきたとします。sellなので売り、量は666,820、位置は8193ですね。

どうやら売りが優勢なようです。では、一時間前のローソク足を見てみましょう。

今の足の一本前のを見ると、面白いくらい陰線になってますね。どうやらかなり売られてたのが見て取れます。

しかしREKTのツイートをみて8193で売りをいれた人は跳ね返ってきてマイナスをくらってしまった。そんな動きをしてますね。

ですが、数分で利確なら通知を見てからでも利益を得ることはできたでしょう。ですが出てきたからそのまま乗ればいい単純な話ではないようです。

じゃあどういったタイミングで使えばいいの?となるかもしれません。

ご安心ください。わたしも知ってからはそう思ってました。

次章では、REKTの活用方法について話していきますね。

活用方法

個人的には、BitMex(ビットメックス)に加えビットバンクトレードのような日本のFX取引所を使うのをおすすめしています。

なぜなら、日本の取引所は海外の動きにひっぱられることがあるからです。

REKTが巨大なロスカットサインを出したあと、日本の取引所なら視認してからの成行注文でも利幅をおいしく頂けることがあります。

mexでも可能ではありますが、成り行きだと多めに手数料を取られてしまいますから心理的な抵抗があると思います。ビットフライヤーでもSFDがあるので同じく抵抗が生じるかもしれません。

あくまで指標なので、妄信は危険です。

sellが出たからといって売りをしてみたら、ちょうど下のヒゲで大きくリバウンドして証拠金を焼かれる、なんてことになりかねませんからね。

いなごフライヤーなどのほかの指標ツールも使って、チャートを見たうえで入るかどうか判断するのがグッドです!

買いと売りの勢いが一発でわかる!「いなごフライヤー」をiPadproやスマホで使ってみた

2018.04.28

おわりに

以上が、REKTについての紹介でした。

妄信は禁物とは書きましたが、かなりわたしは使い倒しています。

自分が持っているポジションが有利になる通知がきたら「もう少しだけ持つか」となりますし、大きく不利になるような通知が来たら損切、もしくはドテンでショートをいれることもあります。

何も考えずに通知通りに動くのは一方通行でない今の相場だと危険ですが、考えたうえで動くならとても良い判断材料になります。

様々な指標を駆使して、少しでも有利なポジションを持って稼いでいきましょう。

当サイトでよく読まれる人気記事