スマホ版「ビットバンクトレード」の使い方と注意点をまとめました

スマホ版ビットバンクトレード

どうも、@ぎゅうにくです。

ビットバンクトレード、登録してみたけどいまいち使い方がわからない。買い戻しはどうやるの?

ちょっとクセがある取引所なのでそう思っている方もいるかもしれません。

本日は、ビットバンクトレードの基本的な使い方と注意点について書いていきますね。

ビットバンクトレードってなに?という方はコチラの記事をどうぞ

【レバレッジ20倍!】追証なしの取引所「ビットバンクトレード」のはじめかた

2018.05.22

取引の流れ

取引の流れを、ざっとまとめてみるとこうなります。

トレードの流れ

  • 1 ビットバンクトレードにビットコインを入金
  • 2 現物をFX口座に入れる
  • 3 FXでロングorショートを入れる
  • 4 売り決済or買い戻し
  • 5 FX口座から現物口座に戻す
  • 6 出金

入金→トレード→出金の流れですね。では、1つずつ触れていきます。

ビットコイン(現物)を入金

ログイン後、右上にある四角いメニューをタップした後「BTC預入」をタップします。


するとこのような画像が出てくるので、アドレスをコピーして「BTC」を送ってください。

ビットバンクトレードで取り扱う通貨はビットコインのみですので、間違って違う通貨を入れないように気を付けて下さいね。

無事にビットコインが着金すると、現物口座に送られます。

現物をFX口座に入れる

「口座振替(現物⇔FX)」をタップすると、このような画面が出てきます。

「現物口座→FX口座」をタップして好きな金額を入れます。

そして取引パスワードを入力して「振替予約」をタップすれば完了です!

予約という言葉から待つイメージがありますが、パパっと数分で振替が完了するのですぐ始められますよ。

トレード画面の使い方

振替が完了したら「BTCFX取引」をタップしトレード画面に進んでいきます。

ビットバンクトレード 画面 見方

チャートは別画面なので、注文はこの画面のみで最小数量は10枚(1万USD)からになっています。

※注意「1枚=100USD=約10000円」

ビットバンクトレード ルール

注文時に0.1%の手数料がかかり、元本ではなく「レバレッジをかけた後の金額」にかかる仕組みになっています(10BTCなら0.01BTC手数料で徴収)。

ビットバンクトレード 手数料ルール

また、ビットバンクトレードではロスカットが証拠金維持率の20%まで下がらないと発動しない設定となっています。また50%まで下がると「下がってるよ!」という告知メールが来る仕組みです。

ビットバンクトレード ロスカット

ここまでが基本ルールのおさらいでした。次は注文の仕方に移りますね。

注文をだす

表記はBitMexと同じドル表記で、注文方法は指値とBBO(成行)があります。

「新規買い」「新規売り」とあるように、ボタンを押すと新規の買い、または新規の売りポジションを建てることができます。

注意してほしいのはこの画面では新規のポジションを建てるのみで決済(ポジションの清算)ができないのです。

しかし、ポジションの両建てができるので上手く使えば大きく稼ぐことが出来ます。

ビットバンクトレード 両建て

セキュリティの関係上、売買注文を出す度に取引パスワードを入力する必要があるので、スキャルピングには不向きかもしれません。

売り決済or買い戻し

ポジションを持った後はメニューの「ポジション照会」で現在のポジションの確認ができます。

どれくらいの損益になっているか一目でわかるのがいいですね。

では、ショートの買い戻しのため「買い決済」をタップしてみましょう。

すると、発注時と似たような画面が出てきます。違いは「買い決済」注文のみになっているのと「逆指値」ボタンがあること。

逆指値をオフにした場合、売り注文よりも下の部分に買い注文を指すことができます。高く売って安く買う。ショートの基本ですね。

逆指値をオンにした場合、売り注文より上「損失が出る部分」にも買い注文を指すことが出来ます。こうすることで損を限定することができるんです。

ですが50ドルほど離れていないと逆指値ができないので、お気をつけください。

もちろん、成行注文もできるのでどうしても指値が難しい場合は成行決済してしまいましょう。

出金の流れ

これで取引は終了。あとは、利益を他の取引所やウォレットに持ち帰れば終了です。

「口座振替(現物⇔FX)」をタップしてこの画面に戻り。

今度は「FX→現物」で現物口座に戻します。現物口座に戻ったのを確認したら「BTC引出」をタップ。

ビットバンクトレード 出金

右上の歯車マークを押すと、ビットコインアドレスを登録できる入力画面がでてくるので、お好きなアドレスを入力。

「引出指示」をタップすれば引き出し申請完了です。

メールでの確認は必要なく、数分で引き出し作業は完了します。

これにて終了です。お疲れ様でした!

使ってみて感じた注意点

数量で最初は混乱すると思いました。BitMexでもそうなんですが、USD基準なので一回の注文でどれだけBTCが動いているかわかりにくいです。

それと、売買が一つの画面で完結しないのも大きな注意点です。

どちらも新規の買いと売りなのに、買った後に売りを同量押して決済した気になって放置。などという事態になることも。

いくら両建て状態とはいえ大変危険です。片方がロスカされたら大きくリバってもう片方もロスカ。なんてことになりかねませんからね。

しっかりポジション照会のページへ行き、どのような状態になっているか確認して頂ければ幸いです。

あとは、手数料ですね。注文で0.1%。利益が出たら0.2%取られるので最低でも0.3%分の利幅を取らないと利益になりません。

少しの値動きでチョコチョコ利確をしていたはずなのに、なぜか手数料が取られているだけでほとんどもうけてなかった。なんてこともあり得ます。

キャピタルゲインフィー(利確時の手数料)に注視しながら、決済のタイミングをはかってみて下さい。

おわりに

以上が、ビットバンクトレードの使い方と注意点についてでした。

どの取引所も一長一短でその人の性格や資金、稼ぎたい額によってマッチする取引所は変わります。

わたしにとっての最良の取引所は、あなたにとって最良ではないかもしれません。

ですがビットバンクトレードは20倍までレバレッジをかけることが出来る上に追証ゼロなので、うまく使いこなせたら強い武器になります。

特性を理解し触ってみて、自分に合った取引所を見つけていただければ幸いです。

はじめて仮想通貨FXをやる方へのおすすめ記事