仮想通貨トレード日記をつけてわかった日記をつけるべき3つの理由

どうも、@ぎゅうにくです。

突然ですが、トレード日記をつけてますか?

トレード日記をつけてみると、想像以上に気づきが多かったので話していきますね。

トレード日記のつけ方

トレード日記では、項目にわけてトレードを記録します。

日記をつけるポイント

  1. トレード日時
  2. 枚数
  3. ポジション 買いor売り
  4. ポジション保有時間
  5. 損益
  6. どうしてインしたか、アウトしたかの理由
  7. 改善点

等を記録します。

フォーマットとか作るとやりやすくなるかもしれませんね。今日も私は普段bitmex(ビットメックス)でレバレッジ取引をしているのですが、こんな感じでした。

2018/3/6買い 11275イン11290アウト

18時10~29分

3000USD 0.27枚

19分ほど保有。方向性が定まらない中でのIN。急落からのリバウンドを取ろうとするも弱い。売り圧が強いのでほぼ同値で撤退。指値がささらず成行決済のため利益はほぼゼロ。

トレードした後にどんなトレードだったか振り返ると、自分がどんな行動をしていたか冷静に観察することができます。

 

そうすることで、次にどうすればいいか分析することが出来るのでおすすめですよ。

では、続いてトレード日記をつけた方がいい理由について書いていきますね。

自分のトレードを反省することができる

これにつきます。利益が出たトレードはどうして利益を出せたのか、損失が出たトレードはどうして損失が出たのか、明確に知ることが出来ます。

損失が出た理由

時間軸をずらしたから、枚数を増やし過ぎたから、出口が決まってないから、損切りラインを決めずナンピンしたから、などがポロポロでてきます。

逆に利益を出せた理由

自分のストーリーからぶれなかったから、無理な枚数でインしてないから、指値を指す位置を決めていたから、イベントの波に乗れたからなどがありますね。

負けっぱなし、勝ちっぱなしではすぐ状況を忘れてしまうので同じような事態になってもまたゼロから考えることになります。

しっかり記録することで再現できるようにしていきましょう。

改善すべき点がわかる

トレードを反省すると、次は改善点が見えてきます。

わたしも昨日のトレード日記を見ることで多くの改善点が浮かび上がってきました。

昨日のトレードでの改善点

  • リバを取るなら欲張らない
  • 下で入り直すなら焦らない
  • 方向性がわからないなら無理にポジションを取らない
  • ナンピンではなく一度切ってポジションを軽くする

などです。戦わないのも戦略なので、日記をつけて自分を分析し少しずつ改善していきましょう!

成長がわかる

半年前も日記をつけていたのですが、凄いトレードをしていました。

過去のわたしはハードフォークだからロングだとか、雰囲気悪いからショートというギャンブルをしていました。

今までロスカットはbitFlyerで5回、BitMEXで4回経験しましたがそのうち8回が2017年の12月までで、今年は1回に収まっています。

小さな証拠金でトレードの回数を重ね、自分なりのスタイルを身に着けていきましょう。

おわりに

以上が、トレード日記をつける理由についてでした。

めんどうですが、1トレードごとにつけることで自分のデータが溜まっていくのでトレードする度に日記をつけると自分を分析しやすくなるのでおすすめです。

日記を見ると、わたしはどうしてもポジションを持ってしまうので焦らないように何か対策を練っていこうと考えています。

わたしは仮想通貨FXでは追証がないBitMex(ビットメックス)を使用しています。退場したら振り返る事もできませんからね。

 

トレード日記をつけてじぶんを分析し、一歩でも前に進み勝利を掴みましょう!

当サイトでよく読まれる人気記事

 

仮想通貨FXができる取引所